髪の毛について悩む男性

AGAとは男性型脱毛症と呼ばれるものです。
ハゲた理由がAGAならば、飲む発毛剤を利用してAGAの症状を抑えることがとても大切です。
AGAに関しては誤解をしている人も多いですが、基本的にこの症状は医薬部外品などの一般市場で購入できるものを利用したとしても症状を根本的に解決できる対策にはなりません。
AGA治療を進めていくためには、効果の証明されている医薬品を利用しないといけないのです。
その代表的なものとしてフィナステリドが有効成分に使われているフィンペシアのような飲む発毛剤が存在します。
なぜ飲む発毛剤が有効なのかと言うと、フィナステリドの働きによって体内の男性ホルモンの分泌量を抑えることができるようになるからです。
AGAと言うのは、男性ホルモンによって作られるDHTという発毛を邪魔する物質によって脱毛症状を進行させます。
根本的な原因が、通常の生活から分泌されている男性ホルモンにありますので、男性ホルモンの働きを抑えて発毛を邪魔する物質を作らないようにしなくてはいけません。
それを可能にするのがフィナステリドの働きです。
もちろん、男性ホルモンと言うのは男性の進退を成長させるために必ず必要になる貴重な物質なので、それをあまりにも抑えるのは身体に良くありません。
ですから、医学的に効果があると判断されている飲む発毛剤しかAGA治療には使えないことになっているわけです。
実際に、こうした飲む発毛剤の効果は臨床試験で既に実証済みで長期的に薬を継続的に服用する患者ほど、脱毛作用を治療できる効果が高いということが分かっています。
例えば、1年服用した患者はだいたい半数近くが効果を体感できましたが、3年以上の複数年を継続して服用した人は約8割近くの人が治療の効果を体感したことを報告しています。
フィンペシア以外にも、フィナステリドを含むものとしてはフィンカーがあります。
フィンカーは元々前立腺肥大の治療薬プロスカーのジェネリック医薬品として使われていましたが、フィナステリドが配合されていることからAGA治療にも使える薬となっています。
ただし、含まれているフィナステリドの量が他の薬に比べて多いため、錠剤を分割して飲む必要があります。
通販サイトでフィンカーを購入する場合は、使用上の注意をよく読むことをおすすめします。
AGAには良く効く薬であるため自覚症状があったときには利用すると良いでしょう。