• ホーム
  • 頭皮部位の血流促進が発毛を促し毛髪が元気になる

頭皮部位の血流促進が発毛を促し毛髪が元気になる

毛髪に関する悩みとして、最も多いものが薄毛の悩みではないでしょうか?薄毛に関しては様々な要素が原因となり起こります。
生活習慣の中でも特に食習慣、ストレス、遺伝的要因などが挙げられます。
では薄毛のメカニズムについて詳しく見ていくことにしましょう。
薄毛の主な原因として考えられるのが、頭皮や毛髪の栄養不足です。
発毛には充分な栄養が必要ですが、その栄養が十分に得られない場合薄毛になります。
不適切な食習慣はその栄養不足を引き起こします。
まず、コレステロールの高い食事を続けていると、血液がドロドロになり血流が悪くなります。
その結果頭皮への血流も減少します。
また、今まで薄毛の原因として大きな要因であると考えられていたストレスも、直接的に薄毛につながるわけではありませんが、間接的には大きな原因となります。
ストレスを感じると、体内にある亜鉛が大量に消費されます。
亜鉛は発毛を促進する栄養素なのでこれが不足すると発毛が阻害されます。
さらに、ストレスは自律神経にも以上を来します。
自律神経が乱れるとホルモンバランスが崩れ、発毛に寄与している女性ホルモンの生成が抑制されます。
さらに、自律神経は血流のコントロールも行っており、血流量の減少にもつながります。
そしてストレスにより、身体の一部に支障を来した場合、多くの栄養素がその患部で消費されるため頭皮部位へ栄養が行き渡らなくなります。
要するに、薄毛に関しては頭皮部位への血流促進と栄養の運搬が重要であるということです。
そのためには、ストレスを溜めない、適切な食生活で身体を健康な状態に保つことが重要です。
また、頭皮部位の血流を促進するために、頭皮のマッサージを行うことも効果的でしょう。