• ホーム
  • 発毛と個人輸入とがんについて

発毛と個人輸入とがんについて

髪を触る男性

がん細胞は細胞分裂の比較的早い細胞であり、治療で使われる抗がん剤は細胞分裂の早い細胞に反応するように作られています。
毛を作る細胞は細胞分裂が早いという特徴があり、ほとんどの抗がん剤はがん細胞だけでなく毛を作る細胞にも反応してしまうということです。
ちなみに、抗がん剤による治療が終了すると全ての髪の毛が成長期を迎えることになりますし、一斉に髪の毛が生えてくるということです。
抗がん剤治療の場合は髪の毛が一斉に抜けてしまうので気になってしまう人も多いでしょう。
しかし、生えてくる時も一斉に生えてきますし、あまり心配しなくても良いのです。
髪の毛は1ヶ月で1センチ程度伸びることになるため、1年で12センチ程度の長さになるでしょう。
発毛には根気が必要となりますが、抗がん剤による脱毛は髪質を改善するチャンスと前向きに捉えることがポイントです。
発毛のために発毛剤を購入したいと考えている人もいるでしょう。
ドラッグストアなどで販売されていることもありますが、個人輸入を利用して入手する方法もあります。
個人輸入を検討している場合、そのメリットやデメリットについてきちんと知っておくと良いでしょう。
個人輸入の場合は全て自己責任となるため、信頼できるショップから購入することが大切です。
まず発毛剤を個人輸入するというのはどのようなことなのか知っておくと良いでしょう。
個人輸入というのは、個人で使用することを目的として外国の製品を直接購入することと定義されています。
最近では個人輸入代行サイトなども登場しており、気軽に外国の製品を購入できるようになってきています。
発毛医薬品は一般的に病院で処方を受けないと入手できないのですが、個人輸入を利用すれば簡単に入手できます。

人気記事一覧
サイト内検索